忍者ブログ
米バージニア工科大学の大量射殺事件 動画
2017 . 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    06 2017/07 08
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31
    カテゴリー
    フリーエリア
    最新CM
    [11/28 rcvtbepopa]
    [11/28 fwovjxwsqx]
    [11/28 qhiktdkyrd]
    [11/28 suvokoxgtw]
    [11/28 bhxsytgkrm]
    最新TB
    プロフィール
    HN:
    No Name Ninja
    性別:
    非公開
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    米大学乱射事件 容疑者家族が謝罪 「弟、とけ込むのに葛藤」

    4月21日16時16分配信 産経新聞

    【ワシントン=有元隆志】米バージニア工科大学での銃乱射事件で、

    韓国人学生のチョ・スンヒ容疑者の家族が事件後初めて、

    謝罪するとともに、

    当局の捜査に協力するとの声明を出した。

    一方、韓国の駐米大使が事件を受けて「韓国人社会は悔い改めるべきだ」と

    発言したことが波紋を広げている。

    AP通信によると、

    同容疑者の姉、チョ・スンキョンさんは「私の家族は、

    弟が起こした言葉で言い表すことのできない行為を大変申し訳なく思う。

    (事件の起きた)16日以降、毎日父、母とともに(犠牲者のために)祈っている」と述べた。

    同容疑者については「静かで控えめだったが、

    (周囲に)とけ込むのに葛藤(かっとう)があった。

    あのような暴力を起こすなんて想像できない」とし、

    「当局にできることは何でも協力する」と強調した。

    1992年に韓国から米国に移住したチョ容疑者の家族はバージニア州でクリーニング店を経営。

    スンキョンさんは米国務省のイラク復興部門の請負業者として働いているという。

    一方、韓国の李泰植駐米大使は17日夜、

    バージニア州で行われた追悼礼拝に出席したなかで、

    「この衝撃的な惨劇を機に、韓国人社会は自らを見つめ直し、

    悔い改め、米国人社会と緊密な関係を築くべきだ」と語った。

    大使は事件で学生・教員32人が死亡したことから、

    32日間の断食を交代で行うことも提案した。

    この発言が、反発を受けるなど、

    韓国人社会で波紋を広げている。

    韓国系米国人大学生の団体「ミレ基金」のエイドリアン・ホン事務局長は20日付の米紙ワシントン・ポストに寄稿し、

    「韓国系米国人は謝罪する必要はない。

    大使が謝罪をするのは不適切だ」と批判した。

    PR
    前のページ 次のページ
    Copyright © 米バージニア工科大学の大量射殺事件 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]